TOP | 前のページへ

星総合病院(星総合病院・星ヶ丘病院)
認知症疾患医療センターの運営を開始


 星総合病院は福島県の委託を受け、平成25年8月1日より「認知症疾患医療センター」の運営を開始しました。

 保健医療・介護機関等との連携を図りながら認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症に対する急性期治療、専門医療相談等を実施するとともに、地域保健医療・介護関係者への研修を行い、認知症の早期発見、早期対応体制を強化してまいります。

認知症疾患医療センターでは主に以下の業務を行っています。

1.専門医療相談の実施

2.認知症の診断と対応

3.身体合併症・周辺症状への対応
※ 公益財団法人星総合病院では、認知症疾患について次の通り、診療体制をとっています。
  主として、星総合病院(一般病院)と星ヶ丘病院(精神科病院)がセンター機能を行っています。
  星ヶ丘病院は、精神疾患の治療を主とした医療機関であり、認知症疾患治療病棟、精神科急性期治療病棟、
  精神科身体合併症病棟を有しており、外来診療、相談全般、入院治療等と幅広く対応します。

4.地域連携の推進、情報発信


「認知症疾患医療センター」の事業内容はこちら   (出典:福島県ホームページ)

平成25年度実績
平成26年度実績
平成27年度実績

        広報 星総合病院認知症疾患医療センターだより
発行号  内容
 第7号  ・第3回事例検討会開催
 ・全国キャラバン・メイト連絡協議会より表彰されました。
 第6号  ・認知症カフェ(オレンジカフェ)が始まりました!
 ・星ヶ丘地区の取り組み
 第5号  ・SOS見守りネットワークの構築について
 ・オレンジカフェの運営を開始します!
 第4号  ・認知症に関する事例検討会の開催について
 第3号  ・認知症患者と道路交通法について
 ・認知症サポーター養成講座について
 第2号  ・認知症ケア技法について
 第1号  ・認知症疾患医療センターの活動について

TOP | 前のページへ